西東京市|歯列矯正・かみ合わせ治療のひかり歯科医院
投稿
  • HOME »
  • 電動歯ブラシ

電動歯ブラシ

おまけ!最近の電動歯ブラシ事情

個人的な見解ですが、電動歯ブラシでお口の中のお手入れすべてをまかなうのは大変無理があるということを皆様にはご承知おきいただきたいと思います。

理由は歯並びやお口の奥行きなど条件が人によってあまりにも大きな差があるためです。

多くの方のお口の中に磨き残しがみられる上あごの奥歯の外側や歯並びのがたついているところなど、また唾液量が多いか少ないかなど(唾液量が少ないと音波ブラシの特性が活かせません)、個人差が多々ありそれらを十分に考慮して商品を選択しないと・・・、量販店や通販で少しでも安いのを買ったとしても残念な結果に終わってしまう可能性大です。

良いと言われているメーカーのものでもブラシのヘッドがやや大きかったりして・・、これではというものもあります。確かに電動ブラシで磨いたあと歯の表面がツルツルするのを感じるのは事実ですが、磨きにくいところが磨けていないのであればまったく意味がありません。人それぞれいつも磨けず歯ぐきが炎症状態を示しているところは違います。

少なくとも歯と歯との間はデンタルフロスや歯間ブラシといった補助清掃用具も活用しないとダメだと思います。

続・最近の電動歯ブラシ事情

口の中は唾液で常に湿潤環境のため音波が伝わりやすい状況となります。

音波ブラシを使うことにより口の中の水分に音波が絶え間なく伝わり続けブラシを直接あてていないところの歯垢も落とせるというのが特徴です。

ブラシの音波発生の原理は振動や回転により各社の特徴があります。

しかしながら、最も大切なことはブラシの毛先がどの部位にあたっているかを意識して使うことだと思います。

歯周病予防のためのブラッシングならば歯と歯茎の境目がターゲットになりますので毛先を確実にあてなければ意味がありません。

最近の電動歯ブラシ事情

皆様電動ブラシをご存知ですか。かつてはブラシ自体が高速で動く電動ブラシしかありませんでしたが、最近では毛先の動きが音波領域(1秒に何回振動したかをヘルツという単位であらわします)に到達した音波ブラシが主流です。

さらにやや高価ではありますがフィリップス社からでているソニッケアという超音波歯ブラシなるものもあります。

各社からそれぞれ特徴があり選ぶのはたいへん難しいとは思いますが、音波だけではブラシはほとんど振動しないので歯垢(プラーク)を落とすのにはブラシを機械的に動かし、直接歯にあてる必要があります。

音波は細菌の構造を破壊するため歯に付着している歯垢や細菌の塊の付着を弱めます。理由は音波で細菌の構造が破壊されるためです。

PAGETOP