歯科界の窮状−5

5回目のテーマは歯科医師と歯科技工士の密な

関係についてをテーマに書きたいと思います。

 

歯科技工士は歯科医師の指示のもと患者さんの

お口の状況を診て被せ物や入れ歯のデザインを

歯科医師と設計をし、型取りをしてそれを歯科

技工士に伝え製作してもらいます。

 

コレって家づくりと似てると思いませんか?家

づくりも設計士さんがデザインした家を実際に

カタチを造る大工さんに作ってもらうと考えると

とても似てると思います。

 

このような関係であるならば、両者で『同じ絵』

を見ていないときっと良い仕事はできません。

キレイに上手く患者さんのお口におさめられた

被せ物の歯や入れ歯を、さも自分が全てやったか

のように錯覚して言う歯科医師がいるとしたら

それは勘違いも甚だしいですね。

 

歯科医師であれ設計士さんであれ歯科技工士、

大工さんに敬意を払わないのはダメです。 歯科

技工士は決して歯科医師の下請けではありません

歯科医師と同等の対等な立場でお互い少しでも良

いものを患者さんのために作ろうと意見を言い合

える大事なパートナーという関係がベストです。

前の投稿

歯科界の窮状−4

歯科界の窮状−4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の投稿

歯科界の窮状−4

歯科界の窮状−4